NPOサポートの流れ

The following two tabs change content below.
a-con事務局
a-conは日本のNPO活動をより深めていくエンジンとなるようなユニットでありたい。a-conは、NPOのコミュニケーション課題をスキルを有した社会人/学生ボランティアがサポートします。より「伝わる」NPOやその活動が増えるような基盤になれるよう、日々活動しています。
Share Button
「伝わるNPO」になるための3つのステップ

a-conのNPOサポートは大きく3つのステップに分かれており、
サポートを通じてそれぞれのステップで成果物を出していきます。

 

 

  「サポート申請フォーム」から
必要事項を記入、送信していただきます。
数日以内にa-con担当よりメールやお電話にて、
a-conの仕組みなどを説明させていただきます。

 

また、この間a-conメンバーに依頼団体の情報共有を行い、
Step1、Step2のメンバー募集を開始します。

 

 

 

「だれに、なにを伝えるか」まずは一緒に悩みます。

「どのような段取りで伝えるべきことを決めていくのかわからない」
「だれに、なにをお願いするべきなのかわからない」
NPOを取り巻く情報環境が日々変化する中、NPOも悩むのは当然です。
まずは広報プランニングの専門家が、広報に関する悩みをじっくりと伺うことで、
「なにが重要で、なにをしなくてはいけないのか」一緒に整理していきます。

  a-conメンバーの広報プランニング専門家と、
2時間程度のヒアリング、打合せを行います。
ヒアリング項目に基づき、事業の内容、広報に関する悩みをじっくりと伺うことで、
「なにが重要で、なにをしなくてはいけないのか」
「どんなメンバーが必要か」を一緒に整理していきます。

整理した課題を、シートに記入し、
周囲と共有できるようにします。
記入はサポートを申請するNPOの事務局にて行っていただきますが、
コンサルティングを行ったa-conメンバーが作成をお手伝いします。

 

 

 

 

 

 

  NPO側ご担当者に、a-conの”プロジェクト共有会(月1回開催)で、
Step1でまとめた広報課題について、プレゼンをしていただき、
プロジェクトチームに必要なa-conメンバーを募っていただきます。
Step1でコンサルティングを行ったa-conメンバーがプレゼンをサポートします。
a-con事務局が今回のプロジェクトでの
必要スキルに応じて、登録メンバーに声かけを行い、
プロジェクトチームを編成します。

 

 

*このタイミングで必要なa-conメンバーが揃わない場合、
プロジェクトの実施を延期・中止とさせていただく場合がございます。ご了承ください。

  NPOご担当者とa-conのプロジェクトチームで
キックオフミーティングをします。
・プロジェクトの目標、成果物
・プロジェクト実施期間、ミーティング日時の事前設定
・プロジェクト進行における情報共有などのルールなどを合意します

プロジェクトリーダー、
プロジェクトアドミニストレーターを
中心に、プロジェクトを進行させていきます。
NPOご担当者との密で素早いレスポンスが
プロジェクト成功の鍵となります。

 

 

NPO側ご担当者、a-con側のプロジェクト担当者が
a-conの”プロジェクト共有定例会”にて
プロジェクトの成果や反省などを
共有していただきます。今後のNPOの広報サポートを
より良い形で行っていくためにぜひご協力ください。

 

具体的にa-conでどのようなお手伝いができるか、a-conのサポートの特徴などは
NPOスタッフ向け・Q&Aをご覧ください。

 

>サポート申請フォームはこちらから

(2012.1.29改訂 文責 加雅屋  拓)

*当資料のPPTファイルはこちらから

Share Button
The following two tabs change content below.
a-con事務局
a-conは日本のNPO活動をより深めていくエンジンとなるようなユニットでありたい。a-conは、NPOのコミュニケーション課題をスキルを有した社会人/学生ボランティアがサポートします。より「伝わる」NPOやその活動が増えるような基盤になれるよう、日々活動しています。